B型肝炎給付金注意点

B型肝炎事件の被害者は、とにかく理不尽な思いをしてきたことでしょう。2次感染者においても、同じことがいえます。ですが、現代における給付金保証については、メリットが多数伴っています。請求訴訟を起こさない手はないといった状況ですらあります。ですが、注意点までまったくないかといえば、そうでもありません。思わぬミスで給付金がもらえないといったことがないよう、注意すべき点についても押さえておきましょう。

訴訟期限まず特に大きなポイントとして、訴訟期限が挙げられます。確かに国の不手際で起こった事件ですが、いつでも自由に訴訟を起こせるというわけでもありません。平成34年1月12日までとされているため、かならずそれまでに請求をおこなうようにしましょう。2018年現在から考えれば、ある程度余裕があるようにも思えますが、油断しているうちに時間は過ぎていくものです。早めの行動、速やかな弁護士への相談をおこないましょう。

また、給付対象者の条件を改めて見直しておきましょう。給付金は決して少額でもありません。そのため、国も慎重に認定作業をおこなっています。条件をすべて満たす人のみが対象者となるため、注意してください。主には、B型ウイルスに持続感染している方・満7歳になるまでに集団予防接種を受けた方・昭和23年7月1日から昭和63年1月27日の間に、集団予防接種を受けた方・集団予防接種以外の感染原因(母子感染・輸血等)がない方の4点です。覚えておいてください。

法律のプロに任せる

法律のプロ訴訟を起こすとなると、やはり外せないのが法律のプロの存在です。そもそもB型肝炎の給付金は、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」という法律に基づく手当です。頼れる弁護士に依頼して、心強いサポートを受けましょう。前述の通り、B型肝炎の給付金には弁護士費用も含まれています。通常以上に手軽に依頼できるため、利用しない手はありません。また、B型肝炎の給付金を受けるには細かな条件をクリアすることも必須となっています。高齢者からしてみれば、少し分かりにくい部分もあるかもしれません。法律のプロに、任せましょう。

弁護士に諸手続きを任せることには給付金をしっかり獲得できるかどうかにもかかわってくるでしょう。B型肝炎の給付金は、一番少額である無症候性キャリア50万円から、上は死亡、もしくは重度の肝がん・肝硬変をわずらい、発症後20年以内の場合に適用される3,600万円と、結構幅広いです。通常であればもらえる額が、ちょっとしたミスで減ってしまうとなると、何とも悔しく感じられるでしょう。細かな内容が手間に感じる場合、給付金をしっかり手に入れるためにも、弁護士はぜひ活用すべき存在です。

給付金の詳細

注射器B型肝炎は昭和23年7月1日~昭和63年1月27日の間に集団予防接種を受け、それが原因でB型肝炎ウイルスに感染したことで起こった病気です。この問題の肝は、予防接種の針や注射筒を使い回したことにあります。これにより、不衛生な注射器での注射行為が広くおこなわれ、B型肝炎拡大につながったのです。また対象者は、それだけでもありません。B型肝炎を発症した一次感染者の、子供においても該当する場合があります。いわゆる母子感染により、生まれつきB型肝炎患者であったケースです。これが原因で持続感染をしている当人、もしくはB型肝炎が原因で死亡した人の家族は、給付金請求をおこなえる場合があります。

また、給付金は病気に対してだけでもありません。訴訟を起こすにあたっての手当ても、充実しています。主には、訴訟等に係る弁護士雇うための、上記給付金額の4%に相当する費用額、特定B型肝炎ウイルス感染者であることを確認するための検査費用、特定無症候性持続感染者、慢性肝炎等の発症を確認するための定期検査費、母子感染防止のための医療費、世帯内感染防止のための医療費、定期検査手当のそれぞれです。とにかく、原因が国にあるだけに、細部に亘り充実している印象です。

B型肝炎給付金

B型肝炎は、何かと話題になる病気です。感染や問題化は随分古くに起こったことですが、にもかかわらずいまだ継続して問題視され続けているという点に、重大さが窺えてなりません。また、原因が国にあるという点もそのような長期化の理由となっているでしょう。とにかく、B型肝炎問題に該当する人は速やかに知識を身につけ、適切な手続きをおこなうべきです

給付金とはいえ、このB型肝炎問題には複雑な法律がかかわっています。法律にあまり詳しくない人としては、いまいち理解しにくいところかもしれません。また対象者が高齢化していたり、死亡していることもまたそうした傾向に関連しているでしょう。当事者死亡ケースに関しては、家族が代理で手続きする形となりますが、当人がいないだけになかなか重い腰が上がらないという人も多いはずです。もし、このように苦手意識を感じているのであれば、早い段階で法律のプロに相談してください。まったくわからない状態からでも、しっかりサポートしてもらえることでしょう。国全体における問題であるため、前例も少なくないはずです。

今回、そんなB型肝炎の給付金について詳しく特集しました。B型肝炎問題を放置すべきでない理由は、状況次第で大きな額の給付金を手に入れられるかもしれないためです。B型肝炎で理不尽につらい思いをしてきたにもかかわらず保証されないというのは、何とも歯がゆいといったところでしょう。そのためにも、B型肝炎の詳細を今一度見つめ直してみてください。