B型肝炎給付金注意点

Pocket

B型肝炎事件の被害者は、とにかく理不尽な思いをしてきたことでしょう。2次感染者においても、同じことがいえます。ですが、現代における給付金保証については、メリットが多数伴っています。請求訴訟を起こさない手はないといった状況ですらあります。ですが、注意点までまったくないかといえば、そうでもありません。思わぬミスで給付金がもらえないといったことがないよう、注意すべき点についても押さえておきましょう。

訴訟期限まず特に大きなポイントとして、訴訟期限が挙げられます。確かに国の不手際で起こった事件ですが、いつでも自由に訴訟を起こせるというわけでもありません。平成34年1月12日までとされているため、かならずそれまでに請求をおこなうようにしましょう。2018年現在から考えれば、ある程度余裕があるようにも思えますが、油断しているうちに時間は過ぎていくものです。早めの行動、速やかな弁護士への相談をおこないましょう。

また、給付対象者の条件を改めて見直しておきましょう。給付金は決して少額でもありません。そのため、国も慎重に認定作業をおこなっています。条件をすべて満たす人のみが対象者となるため、注意してください。主には、B型ウイルスに持続感染している方・満7歳になるまでに集団予防接種を受けた方・昭和23年7月1日から昭和63年1月27日の間に、集団予防接種を受けた方・集団予防接種以外の感染原因(母子感染・輸血等)がない方の4点です。覚えておいてください。